メンタルヘルス 健康

重要な仕事は朝やっちゃった方がいい、だって夜はストレスに弱いんだもんって話

2019年4月12日

パソコン仕事

朝にはめっぽう弱いけど、夜にも弱い、早寝遅起きの皆川(@minagawa_osamu)です。

夕方くらいが仕事も捗るし、一番調子いいです。体内時計がそうなってるんでしょうか?

じゃあ、一般的に朝と夜どっちの方が仕事とかに向いているのかっていうと「朝」らしいです。

だって夜はストレスに弱いんだもんって話

北海道大学の研究によりますと、「夜間の心理的ストレスは午前中のストレスよりも身体に大きな負担になる可能性がある」ことがわかったんですって。

いったいそれはどういった研究かというと、こんな研究です。

若い健康な男女27名を対象に朝と夜に心理的なストレスを与えるテストを行って、体内のコルチゾール値を測定して検証したというもの。

コルチゾールとは別名「ストレスホルモン」とも呼ばれていて、ストレスを感じた時に分泌されるホルモン。

うつ病の患者はコルチゾール値が高いという報告もあり、体を老化させるともいわれ、なんだかイメージの悪いホルモンでもあります。

はい、それで、テストの内容というのは、「インタビューやスピーチをしてもらう」「安産の課題を解いてもらう」といった感じで心的ストレスを計15分与えるというもの。

結果、

・朝にテストを受けた人はコルチゾール値が上昇した
・夜にテストを受けた人はコルチゾール値に変化がなかった

とのこと。

おっと、朝の方がコルチゾール値が高くなったってことは、朝にストレスを感じやすいってこと?って思っちゃますよね。
夜にコルチゾールの変化がないんならストレスかかるようなことは夜にやったらストレス感じないんじゃない?ってわたくしも思っちゃいましたが。

でも実際は逆で、夜の方がストレスに対して反応が薄いため、ストレスによる害をモロにうけちゃってんじゃないの?って話のようです。
へーって感じですよね。

コルチゾールは悪いホルモンじゃないんだよ

そもそも人間にはストレスに対抗する防御システムが備わっていて、ストレスを感じた時に「コルチゾール」というホルモンが分泌されて、身体を正常な状態に保とうとするわけですな。

コルチゾールは人間の活動に必要なホルモンで適正なコルチゾール値というのがあって、それが高すぎても低すぎても、身体にはよろしくないということらしいです。
コルチゾール値が高い状態に長期間さらされるとうつ病になるリスクが高いって話もありますね。

つまり、ストレスを受けた時には、コルチゾールが分泌されてそのストレスをうまいこと処理して身体的な正常を保とうとするわけですが、コルチゾールがきちんと分泌されないとなると受けたストレスをうまく処理されないから具合悪いですわな。

というわけなので、コルチゾールが正常に分泌されストレスを上手に処理してタスクをこなせる「朝」の方が、重要なお仕事をミスなくこなすのに向いているというわけです。

重要なメールの返信だったり文字校正とかのストレス負荷の高いことは、午前中にやっちゃったほうがよいのかもっていうことになりますね。

そうなると、私の「夕方ごろが調子いい」っていうのは気のせいなんでしょうか???

とはいうものの、ストレスが原因でメンタルやられちゃったり様々な弊害もあるのでストレスは少ないに越したことはないんですけど、そのストレスに関する記事をご紹介しますので、もしよかったらあわせて読んでみてくださいね。

-メンタルヘルス, 健康
-,

Copyright© MDBloG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.