うつ病WEBデザイナーがうつ病を克服するため独学で学んだことをアウトプットして共有するためのブログ

うつWEB

うつ病 健康

ビタミンBもうつ病予防になるのかもしれないって話

2019年4月28日

パプリカ

むかしはサプリで栄養補給するのはなんか邪道なような気がして他のですが、最近ではビタミンDを毎日サプリで摂取して、うつ病再発予防に努めています。

他にもうつ病予防にサプリとかで摂取した方がいい栄養分とかあるのかなーって調べたら、ありました。

ビタミンBもうつ病予防になるのかもしれない

カナダの聖フランシスコ・ザビエル大学で、地域の高齢の男性と女性を対象に、ビタミンB6、ビタミンB12の摂取量とうつ病の発症率との関連を調べたそうです。

その結果、ビタミンB6摂取量が多い女性とビタミンB12摂取量が多い男性は、うつ病の発症リスクが低いことがわかったらしいです。

結果の詳細を引用しますと以下の通り

・被験者は1,368人、74±4歳、女性50.5%であった。
・3年間に170人がうつ病と診断された。
・食物からのビタミンB6摂取量が最高三分位値の女性は、人口動態学的および健康要因を調整後、うつ病を発症する確率が43%低かった(多変量オッズ比[OR]:0.57、95%信頼区間[CI]:0.39~0.96)。ただし、エネルギー摂取量で調整後、影響は減弱した。
・食物からのビタミンB12摂取量が最高三分位値の男性では、うつ病リスクが低かった(エネルギー量調整後の多変量OR:0.42、95%CI:0.20~0.90)。
・このほかに、関連性を示すデータは得られなかった。
・検討により、食物からのビタミンB6摂取量が多い女性においてうつ病リスクの低下を示すエビデンスが示されたが、総エネルギー摂取量に依存するものであった。
・一方、食物からのビタミンB12摂取量が多い男性では、エネルギー摂取量にかかわらずうつ病リスクの低下がみられた。

ビタミンB6、ビタミンB12を摂取すれば、うつ病を必ず回避できるというわけではないみたいですけど、うつ病に対抗する一つの手段として意識してビタミンB6、ビタミンB12を摂取すればうつ病発症のリスクを軽減できるかもしれないということですね。

ビタミンBが多く含まれる食べ物ってなに?

ただ、調査したのは、摂取したビタミンBはサプリとかではなく通常の食事からの摂取量だということらしいです。サプリだとうつ病の予防とかに意味ないのか?と言われると、個人的にはうつ病予防にはサプリでも大丈夫なような気はしますが、一応どんな食材に多く含まれてるのかっていうと以下の通り。

ビタミンB6が多く含まれる食べ物

女性のうつ病予防によさげなビタミンB6は、赤身の魚や、ヒレ肉とかささみなどの脂が少ない肉類に多く含まれてて、野菜や果物の場合では、ビタミンB6が多く含まれる食べ物はバナナやパプリカ、さつまいも、玄米など。

ビタミンB12が多く含まれる食べ物

男性のうつ病予防に期待できるビタミンB12は、自然の中では微生物によって作られているそうで、野菜や果物よりも魚介類や動物性食品に多く含まれています。牡蠣、あさり、さば、ほたて、ほっけ、しじみ、あじ、焼き海苔など。

るビタミンB12が多い食品は、日本人の食卓によく並ぶものがおおいですね。わたくし貝類が嫌いなんですけど(´・ω・`)。

もちろんこのビタミンBだけでうつ病予防やメンタルを良い状態に保つのは無理だと思いますけど、いろんなメンタルを鍛える方法と組み合わせて健康的な生活を送りたいもんです。

というわけで、ビタミンや栄養でうつ病に対抗する方法などを紹介しますので、もしよかったら合わせて読んでみてください。

-うつ病, 健康
-,

Copyright© うつWEB , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.