うつ病WEBデザイナーがうつ病を克服するため独学で学んだことをアウトプットして共有するためのブログ

うつWEB

うつ病

うつ病だとなんでこんなにも落ち込んでしまうのだろうって話

2019年5月25日

脳Brain

普通の人でもなにか悪い出来事があって精神的に落ち込むことがあると思いますけど、うつ病の人はその落ち込み方が顕著で、落ち込むときはとことん落ち込んでしまい鬱病の症状が多数でてしまうということになるんですね。

もうこの世の終わりってくらいの悪い出来事が起こったかのように落ち込みが激しいんです。

自己肯定感の低さや自尊心の低さもその尋常じゃない落ち込み方の原因になると思うのですが、全然自分の責任じゃないことに対しても自分のせいにして考えてしまうみたいなとこもあるし、自分はだめなやつなんやーって考えに至ってしまうんですね。

例えばホームページのアクセス解析で急にアクセス数が落ち込んだってだけでも、自分の行いが悪かったからだとか、もともとそんなアクセスある人間じゃなかったんだーとか、もうアクセス数が上がることがないし、自分はもうダメな人間なんやー、みたいな。

たかが、ホームページのアクセス数が下がっただけで絶望的な気持ちになって人生の何もかもが上手くいかなくなるような錯覚に陥ってうつ症状が発症してしまうという、傍から見たらなんでそうなるの?って感じですよね。

解決方法はアウトプットすること

もしそういうふうに、自分自身を責めてしまって、自己嫌悪に陥って絶望に苛まされるようなことになってしまったらその出来事と気持ちをアウトプットするといいです。

アウトプットというのは、紙に書き出したりブログに書いたり、スマホのメモ帳なんかにメモってもいいです。とにかく頭で考えて反芻思考を重ねるのではなく、いったんその気持ちを外に吐き出すと、自分自身の考えや気持ちを客観視出来ます。

そうすると、くだらないことで悩んでるなーって自分自身を客観視して冷静に自分の心に向き合うことができるので、うつ状態が続いているときなんかも同じようにアウトプットすると落ち着いて自分の心と向き合って、気持ちがいくらか楽になることがあるのでぜひぜひおすすめしますよ。

また、見つめ直した自分自身をありのまま受け入れて、自分はこれでいいのだーって思えるようになると、心が相当楽になります。また、脳トレなどで記憶力を高めるトレーニングをすると、不安に強くなるという研究もあります。

というわけで、自尊心や自己肯定感を高める方法やアウトプットの方法なども紹介しますので、もしよかったら合わせて読んでみてくださいね。

-うつ病
-,

Copyright© うつWEB , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.