うつ病 健康 考えてること

メンタルが弱い人は「認知」が歪んでいるって話

2019年1月30日

うつ病やうつ症状を持つ人などは大概こんな歪んだ考え方になってしまい、極端な話、自分に価値がないものだと思い込んで自殺願望になっちゃう。

考え方が歪んでると気付いたら、整体のように歪みを正す癖をつけよう。

1.全か無か思考

ゼロか100、100じゃなきゃゼロと同じと言うような思考。

自分にとっては7割くらいでも相手にとっては100パーセントかもしれない。

2.一般化のしすぎ

一度おこった悪い出来事を、次もそうなるに違いないと思う。

実際はたまたま悪いことが起こっただけで立て続けに起こる確率は低い。

3.心のフィルター

ネガティブな思い込み、思考の錯覚で、いろんなことをネガティブに捉えてしまう。

物事は悪い側面ばかりではない、良い部分を探してみよう。

4.マイナス化思考

良い側面をよいと思えなくなってしまう。良いことを悪いことと置き換えて考えてしまう。

心のフィルターを外してみてみよう。プラスのことは素直にプラスと受け入れてみよう。

5.結論の飛躍

考えが極端で最悪の結末やネガティブな決め付けでものごとを想定してしまう。他人のちょっとした言動で自分を卑下してしまったり。

あまり深読みしてはいけない。世界は意外と単純だ。

6.拡大解釈と過小評価

自分の失敗や悪いところなどは、「どうせ自分なんて」と必要以上に悪く、また成功やよいところは極端に小さく見積もる。他人と比較して落ち込んでしまう。

他人だって失敗も成功もあるんだから自分だけ特別悪いと言うことはない。

7.感情的決めつけ

感情を根拠にして決め付けてしまう思考のネガテイブバイアス。怒りや悲しみなど負の感情を理由にして決め付けてしまいその事の本質を見落としてしまう。

感情的なときは冷静な判断ができないと思っておこう。

8.◯◯すべき思考

こうあるべきといった偏った考え方。正義感が強いが故に世の中の矛盾などに憤りを感じストレスとなってしまう。

自分の考え方が常に正しいとは限らない。違う視点でものごとを見てみよう。

9.レッテル貼り

自分自身にネガティブなイメージを固定してしまう。ダメな自分というレッテルを貼ってしまう。

そのレッテルは多分自分にしか見えてない。他人からそう見えてるというのは思い込み。

10.個人化

全て自分が悪いんだというような思考。責任感が強く自分でいろんなことを背負い込んでしまい、できない自分がダメなんだと思う。

一人でなんでもできる人なんてそうそう居ないし、頼み事を断れないのは優しさだけど、自分にも優しくしてあげよう。

-うつ病, 健康, 考えてること
-

Copyright© MDBloG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.