うつ病WEBデザイナーがうつ病を克服するため独学で学んだことをアウトプットして共有するためのブログ

うつWEB

LIFE HACK メンタルヘルス 考えてること

バイアス(思い込み)から開放される12のチェックリスト

2019年3月18日

選択

うつ病で4回会社を辞めました、皆川(@minagawa_osamu)です。

ペンシルベニア大学の2013年の研究で、バイアスが起きる原因を科学的に特定したんだって。それによると直感と論理的思考が対立してバイアスが起こると。
ようするに直感での判断と論理的判断の中間をとるとか、判断基準を細かく刻んでみるとかしたら新しい視点を発見してバイアス解除されるよってことみたい。

ということで、バイアスを解除するデバイアスチェックリストを12個チェック。

1.教育~バイアスを知る

心理学でいうところのバイアスの存在を知る、バイアスについて学習すること。あたりまえっちゃあそうなんですが、とりあえず電気科の授業でいうバイアスとはちがいますよ。
思考の錯覚・思い込みなどのことで、それを勉強してきちんと理解しておくことで自分にバイアスが掛かってることに気づけるようになりましょう。
また、統計学や確率統計の学習がバイアスの認知や理解に効果的なようです。

2.One at a Time戦略~選択肢を一つずつ吟味

選択肢がたくさんある場合などは、一つ一つの選択肢を単独で吟味しそれぞれのメリット・デメリットを一つずつ判断するようにしましょう。

つまり、Amazonで欲しいものを買おうとするとき複数の商品や複数のお店があってどこで買うか迷う時に我々は、値段だけで決めちゃうとかレビューの数だけで決めちゃうとか星の数だけで決めちゃうとか、1個の指標だけで決めたりわかりやすい特徴だけに引っ張られて判断をミスしがちだけど、
「この店の評価はいいけど値段は割高だな、レビューが多いってことはたくさん注文があるから信頼できる店ではある」
「こっちは評価が少ないけど値段は安い。出店して間もないのかもしれない」
などなど、それぞれに1個1個に対して判断することによって新しい視点が生まれバイアスに左右されなくなるということ。
こうすれば「やっぱあっちにすればよかったー!」ってこともなくなるよね。

3.前向きハインドサイト~失敗を想像してみる

前向きハインドサイト、つまり前向きに後から論理づけを行うということで、つまり敢えてネガティブを想定し、それを積極的に前向きに修正して考えること。

多くの人は、自分の成功確率を高く見積もりがちで、自分に都合がいい情報や自分の考え方を支持するような情報に意識が集中して視野が狭くなるんだって。
なので、成功すると思い込んでる自分の行動を「もし失敗したらどうなるか、どのような失敗がありえるか」を想定して、過去に同じような失敗はなかったか反省し、前向きにネガティブな未来を想像して、それをどうすれば乗り越えられるかと考える。

つまり、直感的に正しいと思うことも、その逆の場合はどうなるかってシミュレーションしてみて、そうなった場合の対策を考える、と。「自分の考えは正しい」というバイアスを解除。

4.弁証法的ブートストラップ~直感と論理の中間をとる

簡単にいうと、直感の判断と論理的判断の中間を採用する、ということですって。
1.まず直感で重要度を判断
2.それが間違ってましたってときの判断
3.その2つの真ん中をとる(中間意見)

たとえば就職先で迷うとき「大企業に就職したいなー、でもベンチャー企業も業界によっちゃ将来性あるしやりがいもあるかもな」ってとき、その中間の判断を採用すると失敗しにくい決断ができると研究ではわかっているそうです。

ようは極端に偏った判断はミスにつながりやすいってことですね。
そういうミスをしない考え方です。

5.問題分割~ステップごとに判断する

人はだいたい自信過剰 or 自信過少のワナにはまってるものだそうです。
たしかにわたくしもいろんなことに自信がない。けどちょっと待って、目標に対して「自信がない」 なら、その目標までのステップを細かく分割してその一つ一つをクリアしていく判断をするとそのワナから抜け出せるそうです。

問題を10分割くらいして判断回数が増えるとそのぶん新しい視点がうまれ、認知の歪み「全か無か思考」からも抜け出せるそう。

6.タイムアンパッキング~時間を区切って判断回数を増やす

時間を細かく区切って未来をイメージするということ。
たとえば3ヶ月後に目標を設定していたら、
「1ヶ月後の未来はどうなってるかな」
「2ヶ月後の未来はこうなってるはず」

と細かく区切って未来を予想してみると、そこに新しい視点が産まれてそれぞれを判断できるということ。

新しい視点でみつけたことにより、その目標を良い方向に修正したりやるべき行動に的確な判断ができるようになるでしょう。

5.問題分割と同じように、「判断の試行回数を増やす」ということが思考の偏りに気づきやすくするコツですね。

7.チェックリスト~行動と基準の一覧

自分の行動に一定のアクションとルールを決めておく。
If~thenルールに近いようなもので、やることとそれに関するルール(状況)を定めたリストを作る、と。

たとえば朝起きたら、
・ストレッチする(アクション) ベッドから出て20秒以内に(ルール)
・ベッドメイキングする(アクション)着替える前(ルール)

みたいな感じでできるだけ細かくしておくと、判断ミスが格段に減るそうです。
研究では判断ミスが46%減少したとのこと。なかなか大きい数値ですね。

8.インセンティブ~ご褒美

これをすることが正しいとわかっている、けど正しい判断ができないってときに有効らしいです。
たとえば、「夜9時以降食べたら太る、でも食べたい!」ってときに正しい判断をすればいいことがあるよって状況を作ると改善率が高まる、みたいな。

ただし、この方法は合理的な思考を促進するわけではないので、わかってるけどモチベーションが上がらないようなときなどに用いるのがよいです。

9.アカウンタビリティー~周囲の行動で自分の行動が変わる

周りの人がどう行動しているかがわかると自分の行動に影響を与えるというもの。
つまり、自分ひとりの判断ではなく周りの人の判断を自分の判断材料として取り入れて自分の判断を見直し判断ミスが減るということですね。

例えば、自分は選挙に行かないけど、近所の人達のアンケート結果が「選挙に行く」が多いこと知ったら、行くか行かないか判断を見直す材料になると。案外人って周りに影響されやすいんですね。

じゃあ逆に理想的な行動ができている人が周りにいる環境を構築すれば、自分も影響されて自分も理想的になれる、意思が強い人と付き合うと意思がつよくなると。

お金持ちの人と付き合うと、お金持ちになれるかどうかはわかりませんが、お金持ちの人の考え方が自分の判断に影響を及ぼすから、結果的にお金持ちに近づけるかもしれませんね。お金持ちの人、僕と友だちになってください!

10.計画プロンプト~自分の取説

望ましい行動に関するプロセス、詳細な段取りを、取扱説明書レベルに細かく決める。
7.チェックリストとよく似ているけど、

例えば私がブログを書く手順を
1.テーマを決める
2.テーマに沿って調べる
3.ノートにメモる
4.マインドマップを書く
5.章の見出しを決める
6.Wordpressに入力

という段取りだとすれば、それをさらに細かく分割して、他人が見ても同じようにブログが書けるようにステップを決めておくということです。

どうすればいいのかを整理して理解できているので心理的な障壁が下がって面倒くさいという気持ちがなくなるというわけ。ステップに沿って一個ずつクリアしていけばいいという気軽さになるわけですね。

11.フォースブレイク~強制的なおやすみ

ここまでのいくつかに共通しているのは「判断の試行回数が多い状況を作る」ということですが、その判断の思考の間に休憩ポイント・休むタイミングを入れるのも大事です。
判断や行動を一気にやってしまうとミスする確率が高くなるので、ゆっくり考える時間をもうけましょう、と。判断のスピードが早くなると直感に頼りがちになるおそれもありますよ。

休憩して、ボーッとして脳を休ませると思考が整理されて新しいアイデアや新しい視点がうまれやすいです。またそれまでの判断の再確認もできますね。

12.アドバンスチョイス~事前に決める

日常的な行動じゃなくて将来的に起こりうる困難なんかにたいして、どうやってきりぬけるか、のりこえるかといった行動や、判断するときのルールを決めておこうというもの。
脳は現状維持するのが安全であると錯覚させてくるので、論理的にそれを打破するために「こういうときはこういう行動をする」と決めるということですね。

例えば、ランニングだったり筋トレでも何でもいいけど運動を習慣化するとき、「めんどくさいなー」って始められない「めんどくさいバイアス」がかかっているときなんか、私の場合は「とりあえずウェアだけ着替えよう」と着替えます。「着替えたらランニングに行く」と決めてますので、ランニングに行きます。

まとめ

これら12個のテクニック、なんか専門用語が多くって覚えづらいけど、共通して言えるのは、

「判断の試行回数を増やすこと」
「直感に頼らない」
「極端な判断を採用しない」

という感じ。
なにか判断を必要として一つの判断するときはそのプロセスで細かく区切るとか、反対の判断を想定してみるとか「ちょっと待てよ」と一旦立ち止まって判断を確認してみて「バイアスかかってんじゃね?」と疑ってみるのがいいでしょう。

情報は鵜呑みにせず、自分で判断せよといいますが、その判断も焦っちゃだめですよってことで。

『人間関係から投資判断にまで使えるペンシルベニア大学式12のデバイアスガイド』
https://www.nicovideo.jp/watch/1552229589

-LIFE HACK, メンタルヘルス, 考えてること

Copyright© うつWEB , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.