うつ病 健康

チューインガムがうつ病予防になるという科学の話

2019年4月20日

チューインガムはうつ病にいい

わたくしは知らなかったのですが「チューインガムがストレスやうつ状態の軽減に効果がある」と言われてるそうですね。
知ってました?え、知ってたの?それはすいませんでした🙇‍♂️

でもまあ俗説のようなものだったみたいで科学的な検証が行われていないじゃないか!ってことで、トルコのアタテュルク大学がうつ病患者に対してチューインガムを噛むとストレスやうつ状態の軽減に効果があるのか?ってことを検討したそうです。

実験は、軽いうつ病・中くらいのうつ病の患者さん30人を、「薬による治療」だけのグループと「チューインガムを併用して治療」のグループに分けて6週間治療を続けてもらい、6週間後にそのチューインガムを使ってるグループ・使ってないグループを知らない医師に診察を行ってもらい鬱の程度をどれくらいになっているかを測定するというもの。

で、結果は「チューインガムを併用したグループは薬物治療だけのグループと比べて、治療の効果が高かった」ということです。説立証と言えるでしょう。

チューインガムが直接的にうつ病の根本原因を叩いているのかって言われるとそれはないと思いますけど、ある一定の効果が認められましたって感じですね。

チューインガムは腸内環境に効果あり?

チューインガムの効果に「食欲が抑えられる」っていうのはありますよね。ダイエットにもいいのかも。
食欲がおさえられると、暴飲暴食が減り腸内環境が良好に保たれるってことになりますよね。

最近の研究では腸内でセロトニンなど脳内ホルモン分泌が作られ脳に送られるということがわかっているので、腸内環境を整えると脳にいい=うつ病にも効果あり!ってこともありえますね。

脳機能にも効果あり?

また「日本チューインガム協会」のホームページでも「チューインガムの咀嚼と脳内血流が増加傾向にある」とのことです。
血流とうつ病の関係は当ブログでも以前記事にて血流が低下するとうつ病になるかもって可能性を示唆しましたけど、うつ病の原因は血流低下にあるという説を支持する形にもなりますね。
逆説的に脳内への血流が増加すれば、脳機能がアップしてうつ病の改善に良い効果をもたらすことですよね。

また、噛む動作のリズミカルな運動が脳に刺激を与えて脳機能がアップするなんてことも言われていますし、顎と脳の距離も近いから効果はたかそう。いい感じ!

ダイエットにも効果あり?

うつ病の治療で抗うつ薬を飲んでいると、太りやすくなるって言いますよね。確かに太りました。それが薬のせいなのか活動が減ったからなのか、はっきりと「薬のせいでふとったんや!」とは言い切れないけど、太ったことは事実ですし、投薬治療をしている人の「太った」という意見はよく聞きます。

もちろん太りすぎはよくないので体重コントロールのためにもチューインガムを噛むのはいいかもしれませんよね。うつ病も軽くなるし体重も減るかもしれないチューインガムを習慣化してみるのもうつ病を直す近道になるかもしれないですね。

もちろんフーセンガムでもいいと思いますけど。

というわけですが、個人的には咀嚼によって脳機能が上がるって説を支持したいですね。なので、脳機能とうつ病に関する記事をご紹介しますので、もしよかったら合わせて読んでみてくださいね。

-うつ病, 健康
-

Copyright© MDBloG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.