うつ病WEBデザイナーがうつ病を克服するため独学で学んだことをアウトプットして共有するためのブログ

うつWEB

メンタルヘルス 考えてること

人生はなんとかしなきゃなんともならないのか、それtも意外となんとかなるのだろうかって話

2019年9月5日

人生に絶望してませんか?

私は絶望してました。

「こんな退屈で将来が不安な日常が、死ぬまで毎日続くのか」と思うと、絶望以外のなにものでもなかったです。

現在はそのつまらなくて不安ばかりの人生を捨ててフリーランスとなって人生を転換することができましたが、「フリーランスになる」という小さくて大きな一歩を踏み出すことができた考え方があります。

人生はなんとかしなきゃ、なんともならない

うつ病を患っていたので絶望的な気持ちに囚われ「こんな人生ならやめてしまいたい=死にたい」という気持ちでいっぱいだったのですが、「つまらない人生をやめる=自殺」というのが偏った考え方なんじゃないか?疑問に思ったわけです。

つまらない人生を辞める方法って自殺以外にはないのか

答えはイエスでした。

カンタンな話です。違う人生を選択すればよいだけのこと。

好きな仕事を好きな時にできるような人生の選択が、自分にとってはフリーランスになることでした。

「そんなカンタンにフリーランスになれるかよ、家族にも迷惑かかるし、フリーランスになったからといってすぐに稼げるようになるわけじゃないし」っていうネガティブな言い訳ももちろん浮かんできて葛藤したりもしました。

しかし、

「家族に迷惑がかかる」→「自殺したって家族に迷惑がかかる」
「すぐに稼げない」→「自殺したら稼ぐもくそもない」
「人生そんな甘いもんじゃない」→「すでに人生つらいんですけど」

などなど、思い浮かぶネガティブな言い訳を全て反証してみたんです。

結果、どう考えても「自殺したいくらい辛い現状」より悪くなるイメージがなくなりました。

最悪でも、現状と同じくらい辛い人生にしかならないということ。

ならば、現状維持で辛く絶望的とわかっている人生を過ごすより、もしかしたら好転するかもしれない人生に舵をきってみても全く損はないんじゃないだろうか?って。

その時の自分は、手放したくないものは家族以外何もなかったので、家族を手放さない唯一の方法が「死なないこと」でした。

なので、「自殺以外の選択肢」を探してみたというのもあります。

そうですよ、自殺以外の選択肢はあるんですよ。

今、現在置かれている状況で自殺したいほど辛く苦しいのであれば、自殺するためのエネルギーを一部使って、今の環境から全力で逃げたらいいんです。

大事なものがあれば、それを守るために全力で逃げること、全力で今の人生を変えること。

正直、自殺に要する精神的なエネルギーよりは随分負担が軽いと思うし、最悪の場合は自殺という選択肢もあります。それは残念なことかもしれませんが、死に対して覚悟を決めてしまうと、案外なんでも出来てしまうというのは本当です。

「人生なんとかなる」というのはちょっと間違いで「人生なんとかしなきゃなんともならない」と悟ったときに、私は死を覚悟し人生を変えることができました。

つまり「人生はなんとかすれば、なんとかなる」です。

今最悪な人生だと思っているなら、それより悪くなることはないから、人生なんとかしてみようと行動をおこしてみてもいいじゃないですか。

やるかやらないかは自分次第です。

-メンタルヘルス, 考えてること
-,

Copyright© うつWEB , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.