うつ病WEBデザイナーがうつ病を克服するため独学で学んだことをアウトプットして共有するためのブログ

うつWEB

うつ病 メンタルヘルス

辛いときに笑うと幸せになる人と不幸になる人の話

2019年4月1日

NEGATIVE EMOTIONS

うつ病で会社を4回辞めました、皆川(@minagawa_osamu)です。
人生ハードモードでいろいろ辛いので、なんとか笑ってごまかしたいところですが。

「辛い時こそ笑え」なんて昔からいいますよね。あれって心理学でいうと「アズイフの法則」といって、リチャード・ワイズマンというロンドン出身の心理学者が、その著書『その科学が成功を決める』で知らしめた考え方です。

まるで幸福を感じているようにふるまうと、脳が幸福と錯覚し幸福な気分になる

というもので、現在では科学的にも証明されています。
つまり人間は感情に従って行動を起こすのではなく行動に伴って感情が変化する、って感じですね。
朝起きて「だるーい仕事したくなーい」と思っていても仕事しだしたらやる気出たりしますよね。行動すればやる気も出る。だから動けー働けー!みたいな?

うつ病も、病気だからふさぎ込んでしまうんですね。塞ぎ込むから病気になる訳じゃあありません。
じゃあ、うつ病の人も無理矢理笑えばうつ病も治るんじゃないか?って思われますよね。実際はそんな実感ないけど。。。なんでかな?

なんですけど、近年そのアズイフの法則の効果がない人もいるんじゃない?って研究がありました、とのこと。

無理に笑顔になっても幸福度が下がっちゃう人もいる

さてその研究ですが、アズイフの法則で「ペンを横に咥えて口角をあげていると脳が笑顔と錯覚して楽しい気分になる」という実験がありますが、それを再度、複数名の学生で実験し、幸福度を測定するというもの。

・Aグループにはペンを奥歯で噛むように横に咥えてもらう
・Bグループにはペンを前歯で唇をすぼめて縦に咥えてもらう
・両グループにコメディをみてもらい幸福度を測る

といった内容で、結果はペンを横に咥えていた人のほとんどの人が幸福度が上がったというアズイフの法則通りの結果でした。

ですが、、、ペンを横に咥えていた人のある一定数は逆に幸福度がさがってしまったということ。
えっ?て感じですよね。

幸福度が下がっちゃう人はどんな人?

じゃあ、幸福度が下がっちゃう人ってどんな人なのってことですが、それは

「無理矢理笑顔を作ると楽しい気分になれる」ということを知っていた人

つまり、それを知っているということは、ペンを咥えて無理矢理笑顔を作ろうとしているという行動が「自分は今楽しい気分ではない」ということを認識しているようなものであるので、逆に「楽し気分ではない」ということを意識するようになってしまうということなんですね。

うつ症状でしんどいときに、無理から笑って、大爆笑してみて、あとで虚しくなるのはこういうことだったんですね。
「笑えば楽しくなるはずだー」って思って笑うってことは「俺は今辛いんだー」って叫んでるようなもんだったのか。ガックシ。

でもそれはある意味いいこと

つまりこの法則が効かない人は、決して何かがおかしいとか悪いとかじゃありませんよ。

心理学的知識をもっているから、脳が錯覚をおこさない、バイアスに支配されていないので騙されないというか思慮深いというか論理的思考ができる、脳がクリアな状態になっているので、いろんなことに正しい判断ができる状態ということですよね。

占いとか見て「それ誰にでもあてはまることやん!」ってツッコミ入れてしまうくらい脳がクリアになってインチキ占いにも騙されない、なので大事な判断も間違わずに済む確率が高そう。

本質的に幸せになる方法を追求すべき

「辛い時こそ笑えばいい」の科学的証明やアズイフの法則など心理学のお話は、昨今検索したらいっぱい出てくるし、そこでもきっちり「どういうメカニズムか」をしっかり解説されているので、読んで知識を増やしている人も多いと思います。

ということは、そういう人は「辛い時こそ笑え」が効かない可能性がありますので気をつけてね。

それよりもむしろ、最近の科学では本質的に幸せになれる方法を追求すべきだーっていう風になっているそうです。

つまり「辛い時こそ笑え」は、無理矢理ネガティブを抑え込もうとする考え方ですが、「ネガティブ=いけないこと」という思い込みをなくしてネガティブを利用して幸せになろうという考え方ですね。

あらためて、ネガティブ=よくないこと、というバイアス(思い込み)はありませんか?確かに語学的には良い意味ではないと思いますが、科学や心理学では、「ネガティブ=脳がちゃんと感情を把握している」と捉えることもできます。

ネガティブな時に衝動買いしませんよね、多分(やけくそになってなんか買うことはあるかも?)。衝動買いしている時ってポジティブな気分のはずです。んで、あとから冷静になって「なんでこんなもん買ってしもうたんや」ってネガティブな気分になるという。

そう、ネガティブな時こそ、冷静で正しい判断ができることが多いので、その感情と判断力を活かして「今自分はネガティブだからきちんと考えて行動すれば大丈夫や」ってなるんじゃないでしょうか。

というわけで、「ネガティブな方がいいじゃん!」って記事をご紹介します。
もしよかったら、あわせて読んでみてください。

https://minagawa.design/blog/mental/renai-negative/

-うつ病, メンタルヘルス
-,

Copyright© うつWEB , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.