うつ病WEBデザイナーがうつ病を克服するため独学で学んだことをアウトプットして共有するためのブログ

うつWEB

うつ病 メンタルヘルス 健康

どうしてうつ病にいいというセロトニンは太陽の光を浴びると増えるのか調べてみた話

2019年5月18日

太陽

「うつ病を治すのに効果的なのは太陽の光を浴びること」っていうのはいまや常識となっていて、このブログ内でもさんざん「太陽の光を浴びてセロトニンを増やそう」的なことも書いてきたし、ちょっとググれば「太陽光 セロトニン」ってでてきますよね。

あらためて、セロトニンは「幸福ホルモン」とか呼ばれていて、脳に作用して心の安定を保つことでお馴染みの脳内ホルモン。

ストレスホルモンが増えすぎないように調整するのもセロトニンの役目で、自律神経の安定性にも関係しており、老化の防止にもつながっているといういいことばかりのホルモンですね。

セロトニンはなぜ太陽の光を浴びると増えるのか

じゃあ、なんで太陽光を浴びるとセロトニンが分泌されるの?ってのはあまり深く考えたことがなかったので調べてみました。

太陽を浴びてセロトニンが分泌される仕組みを簡単に説明すると、脳幹に数万個あるセロトニン神経というものが、目の網膜に入った太陽光の刺激をスイッチにして活性化されセロトニンの分泌が促されるんだそう。

わたくしはてっきり太陽にあたって温まって気持ちいいからなのかなーとおもってたら全然違いました。電磁波とか関係あるのかと思ってたら、ちがった。

光の刺激を受けて脳幹にあるセロトニン神経が活性化するには、2500~3000ルクス以上の照度の光が網膜に必要といわれているので、一般の電灯やなんかはだいたい500ルクス程度なので、光と言っても全然足りないわけ。

なので生命の源、太陽の光の力であればセロトニン神経を刺激できるっつーことですね。ちなみに太陽光の照度は1万ルクス以上あるそうです。十分すぎる!

いろんな照度と明るさの目安

脳幹にあるセロトニン神経が、光の刺激を受けて活性化してセロトニンが分泌されるというのはわかった。でも太陽って行っても晴れの日もあれば曇りの日もあるけど、だいたい2500~3000ルクスあるのはどれくらいのお天気なの?というわけで、どれくらいのシチュエーションや光がどれくらいの照度があるかをちょっとしらべてみました。

◎晴天の日の日向…100,000 ルクス
○晴天の日の野外の日陰…10,000ルクス

△晴天の日の屋内窓際(北)・・・・・・1,000〜2,000ルクス
✕晴天の日の屋内中央・・・・・・100~200 ルクス
◎薄曇・・・・・・30,000~50,000ルクス
○暗い雨天・・・・・・10,000~15,000 ルクス

-満月の夜(地上)・・・・・・0.2 ルクス
- 晴天、月のない夜・・・・・・0.0003 ルクス

そりゃ晴天の日の屋外は十分な照度があるけど、屋外日陰でも結構な照度があるんですね。

また、雨の日も晴天の日の10分の1くらいにはなっちゃうけど、セロトニン神経を刺激するには十分な照度があるんですね。

ということは、日中は積極的に外出して散歩するなりしたほうがよいということになりますね。まあ、重度のうつ症状がでているときはしんどいから無理でしょうけど。

「セロトニン増やすんやー」って思うなら、毎日ちょっとでも外に出ることってことですね。コンビニにおにぎり買いに行ってください!

というわけで、感謝するとセロトニンが増えるとか、腸内でセロトニンが分泌されるとか、セロトニン関した記事をご紹介しますので、もしよかったらあわせて読んでみてくださいね。

-うつ病, メンタルヘルス, 健康
-,

Copyright© うつWEB , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.