うつ病WEBデザイナーがうつ病を克服するため独学で学んだことをアウトプットして共有するためのブログ

うつWEB

WORK アイデア

フリーランスの在宅ワーカーが仕事を獲得のための「テスト・実験」

2018年11月28日

フリーランスとして、どのようにして仕事を獲得することができるのか、ということです。早い話が仕事取りに行かなきゃ仕事取れないという当たり前の話をします。

考えるだけ、待ってるだけでは仕事がくるわけがない

当たり前ですが、仕事をくれるのは「人」です。個人でも法人でも、お客さんがいて仕事があります。それはメカや動物ではありません。メカや動物を扱う仕事だとしても、それがインターネットを介してのことだとしても、その向こうで仕事を発注するのは「人」です。

「人」と接触しなければ、仕事にありつけません。お金にもなりません。

では、どのようにして人と接触するのか。それを考えあぐねてどうしようどうしようと悩んでいる人もいると思います。わたくしもそうです。
その時に、ちょっとしたアイデアが浮かんでも、引っ込み思案な性格がいたずらをして、「相手に迷惑をかけたらどうしよう」とか「嫌われたらどうしよう」とか「おこられたらどうしよう」とか不安になって行動がおこせないんですよね、わかります。

とりあえず簡単な手段としてクラウドワークスやランサーズやお仕事マッチングサイトに登録して見ても、登録しただけでお仕事依頼されることなんてまずありえないですし。自分が発注側になって考えてみればわかりますよね。

行動してみる実験・アイデアを試すテストをしてみる

考えるだけでは〜と申しましたが、考えることはしますよね。そして、実現性の低いアイデアでも「そんなんで仕事もらえるかよ」ってアイデアでもとりあえず思いつきはしますよね。
それを「無理だ」と決めつけて却下して何もしなければ、何もおこりません。一応、とりあえずやってみたら、何かとっかかりができるかもしれません。

「じゃあやってみるか」という風には思えないんですよね。先にも書いた「相手に迷惑をかけたらどうしよう」とか「嫌われたらどうしよう」とか「おこられたらどうしよう」というネガティブマインドが邪魔をする。

そこで考え方を変えて見てはどうでしょう?という提案です。
「テスト・実験」という感覚で、思いついたアイデアはとりあえず試してみる。
「テスト・実験」なんだから失敗しても想定の範囲内です。実験結果から得られるものもあるかもしれません。
はじめからなんでもうまくできるわけがないのですから、手法を変えながら実験を繰り返し、新たな受注の手法を模索していくということ。

ちなみに一例として、私もHPにメールアドレスを掲載している企業などに、売り込み営業メールをたくさん送りました。文面を変えながら、HTMLメールにして見たり、いろいろ試しました。結果、一個も受注につながることはありませんでした!ガックシ!
別の方法でお仕事を受注して忙しくなってきたので営業メール作戦は現在休止中ですが、暇になったらまたやるかもしれません。

「迷惑をかける」「嫌われる」「怒られる」などは杞憂

たとえば先の営業メールを受け取る側の身になって考えてみればわかると思うのですが、興味なければメールはすぐ破棄されます。いちいちそんなの相手にしないでしょう。(よっぽどしつこくメールを送り続けていれば怒り出すかもしれませんが(;^ω^))

試行回数を増やして確率をあげる

できるならば、やはりリアルに人に会う機会があれば、会うことがよいと実感しています。友達の紹介・お客さんの紹介とかがあればベストですが、直接仕事に繋がらなくても、そういう交友関係・コネクションを増やしておけば、機会が増えます。もしかしたらという話になりますが可能性はゼロではありません。

私の場合ですと、会社員時代にお世話になったお客さん(何年もあっていませんでした)にメールやFacebookなどでコンタクトをとり、反応があれば面談のアポイントを取りました。
とりあえずお会いしてそこでは「仕事くれ〜」っていうアピールはもちろんしません。そんなことしても見透かされますから。これも逆の立場になってみればわかります。久しぶりに会う繋がりの薄い人にいきなり仕事くれくれ言われたらうざいですよね。まあ仕事くれる場合もありますが。
そうやってたくさんの人にお会いして、定期的に会食したり、メールしたりSNSで繋がったりしていて、ふとしたきっかけでお仕事の相談を受けたりして今に繋がっています。

その方法が絶対正しいとは言いません。もちろんクラウドワークスなどのサービスを利用して新しい人脈を築くのも試行回数を増やす手段として有効だと思います。

1.人脈を増やし、試行回数を増やす
2.試行回数が増えれば機会が増える
3.仕事につながる確率をあげる

もちろんこれだけが全てではありませんが、仕事がつながるにはそこには必ず「人」がいることを、私は意識して行動しています。

-WORK, アイデア

Copyright© うつWEB , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.