うつ病 考えてること

うつ病でも在宅ワークできる?フリーランス在宅ワークの6つのメリット

2018年12月30日

一言で「フリーランス」といってもいろんな働き方があるので一概には言えませんが、会社と契約して一定期間常駐で働くフリーランスとかではなく、主に在宅で自分の裁量で仕事を請け負うような働き方の場合の圧倒的なメリットと割と少ないデメリットについて自分の経験から書こうと思います。

在宅ワーカーになる圧倒的なメリット

1.朝起きる時間

朝ゆっくり寝ていられるのは、うつ病にはとても楽です。

朝目覚めた瞬間に「ダメだな」みたいな、今日一日のメンタルの調子がわかるときってありますよね、うつ病あるあるです。

そんなときも、無理に身体を起こして着替えて死にたい気持ちで出勤~という必要がありません。

健常者でも朝がしんどい人はたくさんいると思いますが、朝目覚めた瞬間「死にたい」と呟いちゃうような会社員時代と比較すると、朝一から超ネガティブ状態というのは圧倒的に少なくなりました。

2.無駄な人間関係がない

仕事を受注したり打ち合わせしたりで最低限の人間関係は必要ですが、ほとんどのやりとりはメールやLINEやFacebook Messangerなどオンラインでリモートで完結するのでそれ以上の人間関係に気を使うことなく、かなりのストレス軽減で毎日快適です。

いやな上司もいません。

人から邪魔されることがほぼないので、完全に自分のペースで仕事できるし、うつ症状がしんどいときなんかも人目を気にせず寝っ転がってゴロゴロしたりできるので、無駄な精神消耗もないですね。

3.通勤ストレスがない

これもまた、うつ病じゃなくても辛いことだとは思いますが、私がうつ病会社員時代だと、割と調子のいい目覚めの朝とかがあっても、満員電車に乗っているだけでうつ状態に落ちていくことがありました。

帰りの電車のホームではいつでも飛び込む衝動がありましたが、在宅作業でしたらそんな心配はありませんよ。心の健康を維持しやすいです。

4.時間拘束されない

9時~18時まで拘束されるとかいうわけでなく、自分の自由な時間で作業できるからストレスがありません。

鬱病の人は真面目な人が多いからでしょうか、自分の場合は「9時から仕事なら8時50分ごろには用意を済ますためにせめて8時30分には出勤しなければならないから7時30分の電車には乗らないといけないけど、余裕を持って7時20分くらいの電車にのるために…」と時間についてどんどん自分を追い込んでしまいます。

今でも「お客さんと面談の予定が13:00だから現地に12:50分に着くには…」と同じような思考になってしまいますが、それが毎日だとしんどかったんでしょうね。

帰宅するときも、周りを気にしたり気を使ったりして定時でそそくさと帰るということが出来ないでいました。

意を決して定時であがってもなんか罪悪感に苛まされちゃうから困った性格です。

そういうストレスが無くなるのはすごくメリットですね。

5. いつでも猫と遊べる

猫を2匹飼っていますが、仕事しながらでも休憩中でもいつでも猫をこねくりまわしたりゴロゴロしたりとってこい遊びしたり、とても心が癒やされます。人間づきあいは苦手ですが、猫づきあいは大好きです。

好きなことを好きなときにできるのはストレスないどころか、喜びに繋がります。

6.休日は自分で設定できる

決まった曜日・決まった時間に仕事しなければならないなんてことはないので、「今日はしんどいから休みたい」ってときは、自由に休めます(もちろん仕事のスケジュールとの兼ね合いもありますが)。

逆に休んでいたら調子が戻ってきたと思ったらすぐに仕事にもとりかかれるし、やってみてやっぱりダメだったらまたすぐ休むことだって自由自在(ほぼ)ではあります。

通勤仕事だと、一旦休んだ日は「調子良くなったから途中から出勤してきたけどやっぱ無理だから帰る」なんてことできないですよね。

在宅ワーカーになるデメリット

1.近所の目が気になる

「あそこの旦那さん毎日家にいるけど何してるのかしら?」とか年配の方には思われてるんだろうなーと思います。まあ、気にしてないですけど。

2.運動不足になりがち

あまり家の外に出る機会が少なくなるので、健康のためにも気分転換のためにもランニングをしています。

3.病気が怖い

病気して寝込んで仕事ができなくなると収入減に直結するので健康には気をつけて、ちょっとしたことでも無理せず休んだり病院行ったりするようにしています。

4.猫が仕事のジャマをすることがある

パソコンの上に乗ってきたり原稿の上に座ったり電話中にニャーニャーうるさかったりしますが、これはもうどうしようもないですね。

在宅ワークは不安定という風潮

フリーランスの在宅ワークは安定していないと思われがちな気がしますが、確かに仕事が確実にあるかどうかは自分の裁量次第ですし、月収に浮き沈みがあってそういう意味では不安定かもしれませんが、仕事がいつなくなるかもわからないというのは、フリーランスとか在宅ワークとか会社とか関係ないです。会社だってお客さんとトラブルになって契約がとんだり口座が凍結されたりとか、何がきっかけで傾くかはわからないですし、安全安定安心な職業なんてないんじゃないかなあと思います。

-うつ病, 考えてること
-, ,

Copyright© MDBloG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.