その他 考えてること

声が小さい人は好感度も能力も高い説

2019年1月15日

内向的な性格の人は、一般的に内気で人と話すのが苦手、根暗に見えたりネガティブな性格かのように思われがちですが、外交的な人と比べて人に好かれやすく、仕事も出来る人が多いという説です。

内向的な人には声が小さい人も多い

内向的な人は「声が小さい」という特徴を持つ人は結構います。そしてデリカシーのない人からは「声が小さくて何言うてるかわからへん」とネガティブなイメージを擦り付けられますが、私は声の小さい人のほうが、ムダに声の大きい人より何倍も好感が持てます。

ではなぜ声が小さくなってしまうのでしょうか。

相手を思いやる性格

相手の心を気遣い、自分の発言で傷つけないように慎重に発言しようとしているから声が小さくなってしまうのではないかと思います。自分の意見を押し通すという考えはなく、相手の意見に耳を傾け、相手を尊重して言葉を発する。すなわち相手に優しく接することが大事だから声も穏やかで優しいトーンになるため、必然的に小さくなってしまうのではないでしょうか。

逆に私が出会ってきた無駄に声の大きい人というのは、相手を思いやる気持ちがなく、自分の意見が正しくて批判されたら逆ギレするような人間性の人が多かったです。

すなわち、声が小さい人は、相手を気遣い、優しく、繊細で穏やかな性格なので、好感度が高い

思慮深く責任感の強い性格

内向的な人のというのは頭の中で反芻・推敲して自分の考えを練り上げてから言葉にしたり発信したりと、とても質が高い情報を発信します。
自問自答を繰り返し、無責任な発信はしないよう慎重になるため、気難しく「暗い」というような印象を与えてしまうかもしれませんが、それも責任感がとても強いからです。思慮深いためきちんと意見をまとめてから慎重に発言するため、質問からの発言までが遅くなってしまい、穏やかで優しい声のトーンになってしまうため、相手の気持ちを解ろうとしない声が大きいだけのがさつな人間には不快な印象になるようです。

逆に無駄に声が大きい人は、「何も考えずに喋る人」「自分の発言で相手が傷つくかもしれないという思考がない人」「自分の意見は正しくて当たり前と思い込んでる人」「聞いてるふりして聞いてない人」が多いと感じました。

大きな声で騒がしい人や、大声で恫喝するような話し方をする人などは、小さな声というだけで批判的になり、その人の意見に耳を傾けようという気がないのでしょう。一生懸命聞いてあげればいいと思うのですが「声が小さいから」と一蹴です。 悲しい人ですね。

すなわち、声が小さい人は、じっくりと考え、いろんな可能性を考えて、慎重に行動するので、職種によってはとても高い能力を発揮する

「声が小さい」は個性なので否定的になってはいけない

一般的に小さい声は悪いことみたいな風潮があるが、例えば電車の中で大声でおしゃべりする人は正義なのか?間違った意見・自分勝手な意見でも大きな声で言えば正義なのか?そんなわけ無いと思います。

声の大きさで人格を否定したり人となりを判断するのは差別と一緒。

むしろ個人的には声の小さい人のほうが信用できるし好感をもっています。

-その他, 考えてること
-

Copyright© MDBloG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.