考えてること

死にたい人は死んでもいいんじゃないでしょうかって話

2019年2月6日

死にたいと願う人は死んでもいいと思う。

こんなこというと「死にたくないのに死んでしまう人もいる」とか、「命は大事にしなきゃいけない」とか「自殺は罪」とか「死んだら残された人に迷惑がかかる」などなどなどなど、思考停止な論調で怒り出す人がいたりしますが、なんなんでしょうね。

死ぬことは悪いことなの?

命は平等だとは思います。生きてることに価値のない人間というのはいないし、逆に価値のある人間もいない。虫は平気で殺すし、家族の命は守りたいし、食うために殺された動物や植物を食べるし食べきれなかったり腐ったりしたら捨てるし。でも自分の命は大事だし。

いつか死ぬ。命はなくなる。それはとても自然なことなので「死」という自然現象に悪いとか悪くないとか、全く無意味だとおもいます。知らんけど。

自殺が悪いの?

自殺が悪いという理由は「残されたものが悲しむから」「周囲に迷惑がかかるから」とかなんとかかんとかいろいろあるけど、要するに「身近で自殺されたらなんかいろいろ厄介だから」なんじゃないですか?アメリカのギャングの下っ端が勝手に拳銃自殺したところで気にもしないけど、隣に住んでた人が実はヤクザで拳銃自殺したなんて事件が起きたら街が騒がしくなって迷惑ですよね、そういうことですよね。知らんけど。

自殺されると迷惑だから自殺はダメという風潮にしているだけで、自殺そのものは悪いとは言い切れない。

別に自殺を推奨しているわけじゃないけどね

死にたい奴は自殺しよーぜっていうわけじゃない。死にたいと思ってる奴がたとえば不慮の事故で死んでしまっても別にいいじゃんて思う。もちろん自殺で死んでしまっても、それに対して何にも意見する気はないし。死にたくないのに死ぬ苦しさもあれば生きたくないのに生きる苦しさもあるよね。

自殺の前にはよーく考えた方がいいと思うけど、よーくよーく考えた末の自殺なら、そりゃしゃーないよね。何も言えねえ。

-考えてること
-

Copyright© MDBloG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.