うつ病WEBデザイナーがうつ病を克服するため独学で学んだことをアウトプットして共有するためのブログ

うつWEB

ニュース 考えてること

2019年5月4日(土)大阪梅田の白昼の飛び降り自殺について思ったこと

2019年5月5日

2019年5月4日(土)白昼の大阪・梅田大丸百貨店のビル屋上から女性と思われる人が飛び降り自殺したとみられる件、このブログを執筆している現時点では年齢性別や自殺の原因などはわかっていませんが、さまざまな憶測が飛び交ってネットを騒がせています。

アイドルのコンサートのチケットに落選したから自殺しただとか、ガンが発見されたから自殺しただとか、出どころも真偽もわからない情報が錯綜しているのでそういう情報は無視して事実だけを判断して、自分なりにも思うことはあります。

正直にいうと、最初「梅田の真ん中で女子高生が飛び降り自殺したんだって」って情報を聞いた時、不謹慎ではありますが「すげー!」って思いました。

大型連休中の、人口密度の高い大阪梅田の高層ビルから、女子学生が飛び降りるという、センセーショナルというか、文学的というか、ものすごいことをやってのけた!っと少し興奮してしまいました、すみません。

第一報を聞いた時ははっきり言って他人事でもあるし、実際に見たわけでもないから現実味もなかったけど、ツイッターなどで情報を検索して、実際に落下する動画や屋上にから落ちる瞬間の写真などを見て、「ああ、これは現実なんだな」という風に実感しました。

こういう事件がおきると、ネットの匿名性というのもあると思うけど、みんなおもいおもいのことを歯に絹着せず批判したり投稿したりしますよね。「自殺はダメ」とか「飛び降りとか周りに迷惑」とか「撮影してるやつもおかしい」とか。

だけど、まあそれがネット社会なんでしょうし、だからといってツイッターでこの自殺について自分の意見を勝手に呟くことは全然個人の自由だと思うし、どんなことを思おうが考えようが自由だと思います。

なので、この飛び降り自殺ついてのツイートなどに、わざわざ批判的なリプライを返したりするのも無駄なことだよなあとか思いながら、それを批判して議論しようとするのもそれも自由だし、この事件を利用してアクセスを伸ばそうとするのも勝手にやればいいんじゃないですかって思います。

わたくしはこの自殺実行者に尊敬の念を抱きます

んで、実際ここまでのまだ少ない客観的事実だけで判断するのもなんですが、わたくし個人としては、このニュースを聞き、調べ、映像を見て、ネット界隈の不謹慎な反応を見たりして、この自殺を計画・実行した彼女に尊敬の念や憧れに似た感情を抱きました。

・都会のど真ん中
・高層ビルの屋上
・白昼の青空の下
・女子高生(と思われる)
・飛び降りる

シチュエーションがすごく文学的なものを感じるし、耽美な少女の自殺というものを連想してしまう。勝手な思い込みですけど。

彼女の中にももちろん生きるか死ぬかの葛藤があったことでしょうし、警官が説得に40分費やしたとの情報もありますが、それでも自殺を決行、自分の身を空中に投げ出したことは、わたくしは「よくやった、がんばった、すごい」と思います。

どんな思いでビルの屋上まで登ったか、ギャラリーたちが見ている中、ビルのてっぺんで、空の真ん中で、どんなことを思ったんだろうか、飛び降りた瞬間はどんな覚悟だったんだろうかといろいろと想像してしまいます。

飛び降り自殺を自分に実行できるだろうか?とてもできないですね、怖いですし勇気がいる行動だと思います。それだけ追い込まれてたのかもしれないと彼女の心理状態を思うと辛いですし、すごい覚悟を決めて実行したいに違いないと。

現時点では原因とかもわからないので、もしかしたらいじめが原因だったとしたらなどと想像すると、切なく悲しくもなってきます。

彼女がもし、自分に近しい人間だったとしたら、こんな風に考えることはできないかもしれないし、家族や友人たちからしたら相当ショックな出来事でしょうし、いたたまれないことかもしれないけど、

せめて、わたくしは、彼女が今まで頑張って生きたことを尊敬するし、自分の一生を自分で決断した勇気にも敬意を表します。

-ニュース, 考えてること
-

Copyright© うつWEB , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.