うつ病WEBデザイナーがうつ病を克服するため独学で学んだことをアウトプットして共有するためのブログ

うつWEB

うつ病 ニュース 健康

少し歩いただけでうつ病予防になるならサラリーマンがうつ病にならないはずなのにうつ病になるサラリーマン多いよねって話

2019年5月3日

人生

「少し歩くだけでもうつ病は予防できる」という説をみかけました。

「少し歩くだけでもうつ病は予防できる」って記事

んなあほな!ってツッコミ入れたくなるタイトルです。

カナダのトロント大学が、運動がうつ病の発症を予防するかを研究したとのことで、運動等の活動ととうつ病との関係を検討した研究を、いろんな研究機関やメディアのデータベースをもとに検索・集計し統計を検討したような感じらしいです。

で、結果は以下の通りらしいんですけど、

・検索結果より得られた6,363件のうち30件の研究が分析対象となった。
・このうち25件の研究で、ベースラインの身体活動とその後のうつ病リスクとの間に負の相関があることが示されていた。
・大半の研究は方法論的な質が高く、身体活動が将来のうつ病発症を予防することを示す結果であった。
・身体活動はどのようなレベルであれ(たとえ1週間当たり150分未満のウォーキングなど低いレベルであっても)、うつ病の予防に有効であると考えられる。

うーん、なんというか、すっきりしないというか、分析対象となった30件て、妥当な数なのかどうか、その30件てうつ病との相関関係が明らかでないからなんとも言えない感じ。

確かに、軽い運動はうつ症状の予防や緩和に効果があるということは、いろんな研究や調査でわかっている事なんですけど、「少し歩くだけ」って話になると眉唾ものですよね。

少し歩いただけでうつ病予防になるなら通勤してるサラリーマンがうつ病になるわけないやん

ここでいう「少し」ってどれくらいなんでしょうね。一般的なサラリーマンの人って通勤に約2時間前後(出社帰宅合わせて)つかってるとしてそのうちの20%ほどが徒歩として24分前後歩くとしたとして、それってふつうのとかんかく言ったら「少し歩く」に入りますよね。

そんな「少し歩く」サラリーマンに、うつ病患者はたくさんいるんじゃないのかなあって思うんですけどねえ。少し歩いたくらいでうつ病になるほどのストレスが軽減されるとはちょっと考えにくいです。

っていうか、「少し歩く」って、感覚的に「1日10分」とかその程度じゃないんかなあって思うし、1日ほとんど外出しなくて歩くこともないフリーランスで仕事してる今の自分が、圧倒的にサラリーマン時代よりストレスが少なくてうつ病の緩和に繋がってると感じるんですけど。

っていう風に考えると、この研究ってのは、「ストレス要因が全く同じ環境下において、運動量が多い場合と少ない場合とでは、運動量が多い場合の方がうつ病のリスクが下がる」っていうことを、ざっくり言いすぎて誤解を招くタイトルにしてしまってるんじゃないの?って思うんですけど、どうでしょう?

歩いただけでうつ病にならないんならずっと歩き続けるっつーの!

というわけで、運動とうつ病に関係した記事をご紹介しますので、よかったら読んで見てくださいね。

-うつ病, ニュース, 健康

Copyright© うつWEB , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.