うつ病WEBデザイナーがうつ病を克服するため独学で学んだことをアウトプットして共有するためのブログ

うつWEB

メンタルヘルス 考えてること

ネガティブな人とポジティブな人ではそもそも違うのでポジティブな人の意見は逆効果なんじゃないの?って話

2019年5月16日

チェック

まあうつ病を患ってるとネガティブ思考ではありますよね、だからうつ病になるんかななんて思ってたけど、ポジティブ思考の人でもうつ病になることはきっとあるんでしょうね、なんて思うこともありますが。

ネガティブ思考の方が成功しやすいという説もありますね。ネガティブ思考な人の方が注意深いとか不安に対して準備を怠らないとか集中力が高いとかいろいろあるそうです。

ネガティブ思考とポジティブ思考では成功の仕方が違う

そもそもポジティブ思考の人とネガティブ思考の人では成功の仕方がちがうそうで、大きく二つのタイプに分かれるそうです。

注意深く行動するタイプ

「失敗するかも」と考えるタイプで、その不安から事前の準備を念入りにするという特徴があり、その注意深さで失敗を減らし成功率が高くなるというタイプ。ネガティブ思考の人がこっちのタイプになりますね。

失敗を恐れず行動するタイプ

「次はうまくいく」と前向きに考えるタイプで、失敗を恐れずにガンガン行動するので試行回数が多く成功例を多く稼ぐタイプ。ポジティブ思考で楽観的な人がこのタイプの成功者になるとのこと。試行回数が多い分成功の確率でいうと低くなるけど、失敗を気にしないから自分の中では成功率が高い(と錯覚してる)んじゃないでしょうか。

一般的に成功した人とかの意見や自己啓発本なんかはほとんどが失敗を恐れず行動するタイプの話や著書やコーチング理論なんかがほとんどで、注意深く行動するタイプの成功者はその成功について自慢したりしないので語られることがなく、そのため成功の法則=失敗を恐れずに行動せよみたいな話になっちゃうみたいなんですって。

なので、ネガティブ思考の人がポジティブな人が書いた自己啓発本なんかを読んで「わいもやったるでー」なんて思っても、そもそも成功の法則が真逆なので、失敗を恐れず行動せよと言われても、ポジティブな人は失敗を気にしないけどネガティブな人は失敗するたびに傷ついていくので心が病んでうつ病にもなっちゃうかもしれないので、ネガティブ思考の人はそのネガティブ思考の特徴をうまく利用して成功しましょうよってことなんですねー。

一般的に「ネガティブ=悪いこと」というイメージがあるけど、実際はネガティブとかポジティブとかいうのは性格の種類であり個性の話だからどちらがよくてどちらが悪いというわけではないんですね。

ポジティブにも悪い面もありますよ、楽観的すぎてもよくないでしょうよ。

ありのままの自分を受け入れて自尊心を高めていった方が生きやすいし、自分を認めて自分の特性を活かして行動すれば成功しやすいんじゃないかなあーってことですよね。

-メンタルヘルス, 考えてること
-, ,

Copyright© うつWEB , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.